【週刊朝日】「天皇陛下の『終活』」


153: 名無しさん@おーぷん 2016/08/18(木)09:43:29 ID:YDd

500円 @_500yen

週刊朝日『天皇陛下の終活』特集て、冗談かと思ったら本当に「終活」て書いてあったwww
しかも対談してるのは民主党政権の参与だった園部逸夫と元朝日新聞記者の岩井克己や
天皇陛下に韓国訪問を要求した田原総一朗と言った売国老害たちwww

8be2faae-s

https://twitter.com/_500yen/status/765944968577855488


【補足】

https://ja.wikipedia.org/wiki/終活 

終活(しゅうかつ)とは「人生の終わりのための活動」の略で、人間が人生の最期を迎えるにあたって執る様々な準備やそこに向けた人生の総括を意味する言葉である。

終活の起源と流行

主な事柄としては生前のうちに自身のための葬儀や墓などの準備や、残された者に迷惑がかからぬよう生前整理、残された者が自身の財産の相続を円滑に進められるための計画を立てておくことなどが挙げられる。これは週刊誌『週刊朝日』から生み出された言葉とされており、同誌元副編集長の佐々木広人が生みの親とされる。
2009年(平成21年)に終活に関する連載が行われた時期以降から「終活本」などと呼ばれるこれに関する書籍が幾つも出版されるなどといった風潮とともに、世間へこの言葉が広まってきており、2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされ、2012年の新語・流行語大賞でトップテンに選出された。
2012年には北海道に初の終活専門団体 エンディング総合支援サポートの会が発足され平成27年9月には一般社団法人 終活ジャパン協会として法人化された。
2013年には、産経新聞出版より日本初の終活専門誌終活読本 ソナエが発売され、以降2014年にはもしもカレンダーをはじめとして、より気軽に終活に取組むプチ終活といった広がりを見せている。
文藝春秋、中央公論をはじめ、その他週刊東洋経済など各種月刊誌、週刊誌、に終活の特集が組まれ、終活は社会の大きな潮流となっている。

大原成幸 @Erven2009

 

@_500yen 中刷り広告はもっと大きく掲載していて酷いです(怒)
no title

https://twitter.com/Erven2009/status/765953667610533888

 

154: 名無しさん@おーぷん 2016/08/18(木)09:49:54 ID:lpF
>>153
ばかだねえ

 

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1471353363/


いいね!でより多くの人に記事が広まります。ご協力お願いします

コメントを残す