外国人「不公平だ!」得票数ではトランプ氏よりクリントン氏の方が200万票以上も勝ってたことが判明→海外「選挙制度を見直そう」



クリントン氏の得票数リード、200万票超に拡大 米大統領選 

 今月8日に行われた米大統領選の開票で、敗れた民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官の得票数でのリードが200万票を超えたことが23日、米インターネットメディア「クック・ポリティカル・リポート(Cook Political Report)」のまとめで明らかになった。 

 今回の選挙では、共和党候補の不動産王ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が選挙人の過半数を獲得して当選を決めており、クリントン氏は9日に敗北を認めている。

 しかしクック・ポリティカル・リポートが公式データを基に集計した最新の一般投票の得票数は、トランプ氏の6221万2752票に対してヒラリー氏6422万7373票と、勝者を敗者が1.5%上回っている。

 米大統領選で、民主党候補が得票数で上回ったにもかかわらず落選したのは今世紀に入ってから2回目。
2000年には民主党候補のアル・ゴア(Al Gore)氏が共和党候補のジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)氏を約54万4000票上回ったものの、敗北している。

 得票数の差がわずかだったフロリダ(Florida)州の選挙結果について、連邦最高裁がブッシュの勝利につながる判決を下したため、同氏が過半数の選挙人を獲得して当選した。 

Yahoo! Japan 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000006-jij_afp-int

1コメント

残念だけど、だからと言って今さらどうしようもない





2コメント

ルールはルールだ
そのシステムは見直したほうがいいよね





3コメント

悔しいけど、次回から改正するしかないよ…